業務内容

地盤改良工事

近年の住宅地盤は、地盤強度に着目すると悪化する傾向にあり、軟弱地盤や不良地盤での建築が余儀なくされているのが現状です。このような軟弱地盤や不良地盤に何の対策もなく建物を建築してしまうと、生活に支障をきたす程の不同沈下が発生することもあります。
この類の事故を未然に防止する為に建物の基礎工法として開発されたのがこの柱状地盤改良工法です。本工法はセメント系固化材と水とを混合した固化材スラリーを特殊施工機械により、現状土と混合撹拌し、地中にパイル状の改良柱体を造成し、その改良柱体の支持力性能によって建物を長期的に支えるものです。

地盤改良工事 ギャラリー

コメント

軟弱地盤に手を加えることで、建物の土台を補強する工事を行っております。

地盤の強度が少ないと、土台をしっかりと固定することができません。軟弱地盤の場合は何らかの方法でこの土台を設置しやすい状況にする必要が出てきます。