地盤改良工事

近年の住宅地盤は、地盤強度に着目すると悪化する傾向にあり、軟弱地盤や不良地盤での建築が余儀なくされているのが現状です。このような軟弱地盤や不良地盤に何の対策もなく建物を建築してしまうと、生活に支障をきたす程の不同沈下が発生することもあります。
この類の事故を未然に防止する為に建物の基礎工法として開発されたのがこの柱状地盤改良工法です。本工法はセメント系固化材と水とを混合した固化材スラリーを特殊施工機械により、現状土と混合撹拌し、地中にパイル状の改良柱体を造成し、その改良柱体の支持力性能によって建物を長期的に支えるものです。

柱状地盤改良工法

杭を地下の固い支持層である地盤まで貫入し住宅を支え、軟弱地盤の沈下を防ぎ住宅を支えます。

鋼管工事

杭を地下の固い支持層である地盤まで貫入し住宅を支え、軟弱地盤の沈下を防ぎ住宅を支えます。

表層改良工法

原地盤の軟弱土にセメント系固化材を散布し、混合撹拌・不陸整正・転圧の工程を行うことによって、地盤を版状に改良する工法です。主に沈下防止・地耐力強化・液状化防止に優れた効果を発揮します。

太陽光発電システム

ソーラーシステム普及の一翼を担っています。

技術的特徴として、発電量が日照に依存し不随意に変化する一方、昼間の電力需要ピークを緩和し温室効果ガス排出量を削減できます。
設備は太陽電池、必要な電圧や周波数に変換するインバータ、用途により蓄電池も組み合わせて構成されます。
今後コスト低減や市場拡大が続くと見込まれます。

建築・プラント配管工事

主に工場や病院・学校の空調や下水工事を行っております。

工事に必要な場合はもちろんのこと、工事前後のケアや管理業務、特殊な配管や合わない物があれば弊社で製作致します。